飲食店を開業するまでのスケジュールがわかる→開業の正しい手順と方法はこちらをクリック

飲食店の内装工事は超重要!失敗しない施工業者の探し方と決定方法

飲食店の内装工事は超重要!失敗しない施工業者の探し方と決定方法

知り合いとかいないんだけど、内装工事はどうすればいいかな?

もとのり

直接の知り合いでなくても、誰か紹介してくれる人がいればそれもいいし、他にはネットやSNSでも探せるよ。

当記事で得られること

・飲食店の内装施工業者の探し方と決め方がわかる

目次

飲食店の内装工事を依頼する施工業者のタイプを決める

飲食店の内装工事を依頼する施工業者のタイプを決める

飲食店は外装に関してはあまり費用をかけない店が多いので、今回は内装費用に外装費用が含まれています。

工事業者には大きく分けて3パターン

デザインと設計のみの会社

デザインと設計専門の会社です。

店舗のデザインにこだわりがある場合は、こういう専門業者に依頼した方が質の良いデザイン案を用意してもらえます

工事は他の業者に依頼することになります。

内装工事メインの会社

デザインや設計は施主であるあなたが指示を出すか、他の業者に外注します。

しかし、経験豊富な会社だと、定番の店舗設計は心得ておられるので、デザインに強いこだわりがなければ対応してもらえます。

デザインや設計費用が抑えられるので、工事費用は一番安くつきます

自社でデザイン・設計・施工を全て行う会社

あなたの要望を最も忠実に再現してもらえる会社です

全て自社で行うので、何度も同じことを言う必要はありませんし、工期にも無駄がありません。

「何もわからない」と言う人はこちらを選ぶと安心ですね。

紹介orインターネット、それともTwitter?施工業者の探し方

内装の施工業者を探す時、このどちらかになることが予想されます。

・すでに商売をしている先輩や知人に紹介してもらう
・インターネットで検索する
・Twitterで検索する

それぞれ特徴があるので説明します。

すでに商売をしている先輩や知人に紹介してもらう

メリット
・悪失業者に当たる心配がない
・費用や工期の融通を聞いてもらえる

悪失業者に当たる心配がない

紹介なら、自分がお世話になったか、プライベートの友人を紹介してもらえるので、変な悪失業者に当たる事は考えられません。

紹介する人もあなたのデメリットになるような業者は紹介しないはずですので、技術的にもある程度は安心していいでしょう。

費用や工期など融通を聞いてもらえる

紹介価格ということで多少の値引きは期待できます。

工期に関しても、こちらの要望を親身に聞いて、対応してもらえる可能性が高く、施工後のアフターサービスも格安で請け負ってくれるはずです。

デメリット
・意見を言いにくい
・一度お願いすると断りにくい

意見を言いにくい

相手はプロなので、どんどん仕事を進めていきますが、あなたは全てが初めてで段取りなどまるでわかりません。

依頼内容と違うことが起きても、紹介でよくしてもらっているので、なかなか言い出しにくいものです。

しかし、あなたの大事なお店の工事。

何かあれば勇気をふりしぼって声をあげましょう。

インターネットで検索する

メリット
・いつでも簡単に探せる
・複数の業者に依頼できる

いつでも簡単に探せる

パソコンやスマホがあればスキマ時間を使って、いつでもどこでも気軽に探せます。

開業前は何かと忙しいので、早朝や夜中に作業できるのは助かります。

複数の業者に依頼できる

ネットには複数の業者から一括見積もりができるサイトがいくつもあります。

そう言ったところは登録を一度すれば後は、各業者からの連絡待ちなので楽チンです。

デメリットは、連絡方法が電話の場合、かかってきすぎて、うっとおしいことですね。

それを避けるためにも、最初はメールでやりとりをしましょう。

デメリット
・良し悪しが判断できない
・割高になる

良し悪しが判断できない

ホームページの口コミは信頼性が低いので、当てになりません。

施工実績を見るしかないですが、画像では判断できかねます。

多少遠くても、施工した物件を見せてもらってから依頼しましょう。

割高になる

おそらくあなたは、Googleなどで「飲食店 内装工事」や「飲食店 施工業者」などで検索して、1ページ目のどれかをクリックしたのではないでしょうか?

一番上のあたりなら広告ですし、それ以外でも検索上位に表示させるために、かなりの費用と労力がかかっています。

この分が、あなたの工事代金にのってくるので割高に。

もちろん、見積書にそのような事は記載されていませんが、他の項目に少しずつ加算されることが一般的です。

Twitterで検索する

メリット
・いつでも簡単に探せる
・広告ではなく、生の声が聞ける

いつでも簡単に探せる

これはインターネットでの業者検索と同じで、スマホやパソコンでいつでも探せるのでお手軽です。

広告ではなく、生の声が聞ける

ここがTwitterの一番良いところですね。

ステマなどが少ないので、事実を知ることができます。

もちろん他のSNSでもOK!

ハッシュタグなど便利な機能を使い、様々な角度から情報を検索できます。

最近はネット検索だと、広告かステマか、それとも真実なのか、見分けるのが困難になってきました。

デメリット
・情報としてまとまっていないので探すのに苦労する
・口コミに振り回されて判断できなくなる

情報としてまとまっていないので探すのに苦労する

業者のサイトやブログと違い、Twitterは短文のつぶやきになるので、1人の人から情報を得る事はできません。

情報の一部分が切り取られているので、上手くつなぎ合わせる必要があります。

これ、結構時間がかかるのと、Twitterになれている方でないと上手く調べられないかもしれません。

口コミに振り回されて判断できなくなる

あくまで個人的な意見が飛び交うのがSNSですので、真偽をしっかりと見極める必要があります。

見極める際のポイントはこの3点

・複数の意見を採用する
・感情的なツイートは参考にしない
・過去ツイートから推測される人間性を推測

これらを意識する事で信頼度の高い、貴重な情報を入手することができます。

知り合いの紹介やネットの検索で候補に上がった業者を、Twitterで事実確認をするという2段戦法をおすすめします。

飲食店の施工業者を決めるポイントは3つ

施工業者を決めるポイント。

・過去の実績を見る
・相見積もりをとる
・アフターサービス

過去の実績を見る

その会社が手掛けた店舗を実際に見に行ってください。

写真だけでは工事の細部までわかりませんし、全体のバランスを見ることも需要です。

担当者にお願いして、最低でも2箇所は回ってください。

その時、写真を撮っておくと、「あの店のここみたいにして欲しい」と後から依頼しやすいですし、業者も過去に施工している店舗のやり方は心得ているので、スムーズに対処してもらえます。

相見積もりをとる

紹介の業者だと悪い気がしてとりづらいのですが、心を鬼にして3社以上から見積もりをとってください。

比べることで、どこにどれくらいの費用かかかっているのか理解できますし、適正な見積もりを出してくれる施工業者を見極めることができます。

アフターサービス

店舗を運営していると、何かとトラブルに見舞われます。

電気やガス、水道、内装破損など、急な事態の対応をどこまでカバーしてもらえるのか確認しましょう。

トラブルが起きると、店が営業できなくなります。

数万円〜数十万円の利益を逃すことになりますので、すぐに見にきてくれる会社を選んだ方が安心です。

飲食店の内装工事は超重要!失敗しない施工業者の探し方と決定方法のまとめ

・内装の工事業者には3つのタイプがある
・探し方は紹介・ネット・Twitterを掛け合わせる
・決めるときは実績と相見積もり・アフターサービスをふまえて考える

飲食店の内装工事は超重要!失敗しない施工業者の探し方と決定方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる